サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> Web配色の見本 >> フルカラー配色について・色の3属性

フルカラー配色について・色の3属性



フルカラーを使用する

ウェブデザインの配色にセーフカラーを用いることは基本とされてきたルールですが、使える色が制限されますので、自分のイメージを表現することが難しくなります。そこで、デザイナーの間でもフルカラーによる配色が増えてきました。

フルカラーでは、R(red)G(green)B(blue)各色256段階の組み合わせで約1677万色を表現することができます。Webセーフカラーの216色と比べて表現力の大きさが分かります。

しかし、完全にフルカラーで表現するにはユーザーのモニタがフルカラーの設定になっている必要があります。2003年のフルカラーの割合は55%程度にっています。(Web資料館より)
これ以外の人の大半はモニタがハイカラー(65,536色)の設定になっています。フルカラーのページを表示した時、ハイカラーで表現できない色は、似た色に置き換えられてしまいます。

だからと言って、あまり心配する必要はありません。
例えば、 #ee1111 という色は #ef1010 という色に置き換えられますが、この違いを認識できる人はほとんどいないからです。

フルカラーでは、セーフカラーで表現できなかった色の調子を表現することができます。せっかく約1677万色もありますから、いろんな配色に挑戦してみて下さい。


色を表す基本の3属性

色相
 
色相とは、色の種類を示したものです。

右図のように基準となる色を選んで円状に配列したものを円相環といいます。

また、並べて書くと下図のようになります。
 

                                                             


明度
  明度は色の明るさを示す度合いです。
明度が高いほど色は明るく、明度が低いほど暗くなります。

                               
← 低い 明度 高い →


彩度
  彩度は色の鮮やかさを示す度合いです。
彩度が高いほど色の純度が高くなり、鮮やかに見えます。

                               
← 高い 低い → 明度 ← 低い 高い →


 
 

Web配色の見本に戻る




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, Web Color Scheme Samples. All rights reserved. - Home